【ラグビー日本代表】稲垣啓太、宿敵 南アフリカ選手と肩を組みハグの真相がヤバイ!







稲垣啓太 ハグショットが注目されていますね。

報道によれば、笑わない男として現在注目されているラグビー日本代表の稲垣啓太さんがタックルを受けた選手と共にTwitterを投稿されています。

その画像が反響を呼んでいる様子。

画像では笑顔になるかと思いきや、ここでも無表情でしたね。

詳しく見ていきます。

稲垣啓太 ハグショットの画像は?

まずは、、笑わない男・稲垣啓太さんのTwitterの投稿を見てみましょう。

https://platform.twitter.com/widgets.js

画像では、南アフリカのムタワリラ選手とハグしている様子が掲載されています。

どうやら、昨日の試合中に稲垣選手に対して危険なタックルがあった様子。

そのため少し問題になっていたようですが、それに対しても問題ないとのことをこのツイートで綴られています。

試合中・試合前はあれだけバチバチしているのに、ひとたび試合が終われば相手をたたえ合う精神が素晴らしいですね。

また、負けた後に関しても、【悔しいですけどね、やり切ったので】という、潔いコメントが日本代表の選手からありました。

こういうところがカッコイイですよね。

 

稲垣啓太 ハグショットの動画が注目されている。

ちなみに、このハグショットですが、動画でも残されている様子。

https://platform.twitter.com/widgets.js

ラグビーワールドカップの公式アカウントが投稿しています。

試合後にこうやって相手をたたえ合えるのは、お互いが本気で闘った証ですよね。

なぜかこういったシーンに泣けてしまう人も多いのではないでしょうか。

普通は大人になってからでも、自分の非を認めて謝罪するというのは、なかなか勇気のいる行動です。

そう簡単にできるものではありません。

ですが、これを実現できるのが本来の紳士のスポーツたるゆえんと言えるでしょう。

↓続きは次へ↓南アフリカ戦で受けた危険なプレーとは?







シェアお願いします!!